交通事故における過失割合の決め方

交通事故の処理は不安がいっぱい

そもそも過失割合はどうやって決めているのでしょうか?

 

 

まずは、そこからご説明します

 

 

実は、過失割合には過去にたくさんの判例があります

 

 

保険会社は、それを基にあなたの事故と照らし合わせて過失割合を提示して来るんですね

 

 

そして、保険屋が提示してくる過失割合の判例というのが判例タイムズ社から発行されている別冊判例タイムズ16 号(2004 年12 月10 日発売)『民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準 全訂4 版』東京地裁民事交通訴訟研究会 編定価3,150 円(税込)B5 版 348 頁です

 

 

この別冊判例タイムズ16 号を基に過失割合を提示してくるのですがもちろん、正解ではありません保険会社は加害者側の都合で出していますからこちらも、あなたの都合で提示していいわけです

 

 

ですから、相手の提示する過失割合を鵜呑みにせず、自分で割り出してみましょう

 

自営業者の休業損害算定方法

休業損害は、事故前3ヶ月間の総支給額÷90日で1日の金額を求め、休業日数を掛けて月末に精算するのが一般的です。

 

 

源泉徴収がなされている給与所得者であれば、何の問題もありません。

交通事故の処理は大丈夫

 

月末の振込に備えて、休業損害証明書の書式を回収し、勤務先に記載と源泉徴収票の添付を依頼することになります。

 

 

勤務先から休業損害証明書が発行されても、源泉徴収など納税の実績がなければ、保険会社は、記載額を休業損害として認めません。

 

 

証明できなければ、日額5,700 円の計算です。

 

 

支給額が業界の平均賃金の範囲内、常識的な金額であれば、賃金台帳、振込であれば、預金通帳を示し、5,700 円以上の支給を粘り強くお願いしてください。

 

 

また、自営業者では、保険会社は決まって確定申告の写しを求めます。

 

 

しかし、確定申告はそもそも税務申告の制度です。

 

 

売上から経費を差し引いて一定の税率を掛け合わせたものです。

 

 

休業損害の請求では、この経費も請求しましょう。

 

 

例えば、地代・家賃、租税公課、損害保険料等は、休業状態でも発生します。

 

 

したがって、確定申告の写しをただ提出すれば、全ての立証が完了するのではありません。

 

 

総勘定元帳から、休業損害に該当するものをピックアップ、正々堂々と請求しましょう。

 

 

 

 

物損の評価損とは

物損の評価損として認められる金額は、具体的状況に応じて修理費用の数割程度物損の評価損として認められる条件としては、修理しても、外観や機能に欠陥が残存しているときたとえ修理を行ったとしても、外観や機能が完全に事故前の状態に戻らなかったときには明らかに損害が発生しているため、その分の評価損を請求することができます。

 

 

しかし、外観や機能に欠陥が生じておらず、完全な修復がなされたときに事故車が嫌われるため、下取り価格が減少することをもって評価損が認められるか否かは、判例上結論が分かれています。

 

 

この場合、下取り価格が減少することについて、相当程度の立証を行うことができなければ、認められる可能性は低いでしょう。

 

後遺障害等級認定の異議申し立ての注意点

後遺障害等級の異議申し立て書は自分で作成してもかまいませんが、その場合は、自賠責保険番号や事故発生日、整理番号などを特定しなければなりません。

交通事故の処理は任せて

 

異議申立は、新しい資料を収集し、添付して行うことになります。

 

 

前回添付した資料を前提に「非該当」の判断が下されたわけですから、非該当となった理由部分をよく読んで対策を立て、新しい証明資料を収集して添付しなければ、後遺障害等級を取れる可能性は低いといえるでしょう。

 

異議申立の書き方にもコツがあります。

 

不安な場合は、熊本の交通事故専門熊本で交通事故専門の行政書士に相談してみましょう。

 

後遺障害等級認定のシステムは、まず自覚症状を見て、それを裏付ける画像や他覚所見があるかどうかを見ていくため、異議申立の理由も、その順番で、証拠を引用しながら書いていく必要があります。

 

【参考】後遺障害等級の「併合」とは

 

なお、損保料率機構への異議申立ではなく、自賠責保険紛争処理機構への異議申立(紛争処理申請)をすることもできます。
しかし、これは最後の異議申立にしなければなりません。

 

 

なぜなら、自賠責保険紛争処理機構への異議申立がなされると、損保料率機構は判断を差し控え、紛争処理機構の判断がなされたときは、その後は損保料率機構に何度異議申立をしても、紛争処理機構の判断を尊重するという回答がなされてしまうからです。

 

【参考】後遺障害の慰謝料金額

 

したがって、自賠責保険紛争処理機構への判断が下された後は、被害者が後遺障害の存在を主張して争うには、訴訟に持ち込むしかなくなります。

 

 

【参考】後遺障害を裁判で認定した事例

 

ちなみに紛争解決の機関として交通事故紛争処理センターというところもあります。

熊本で交通事故専門のの行政書士になるには

各年、2万〜3万人前後が試験に挑み、その中の600人〜最高900人前後ぐらいだけしか、合格に至れません。

 

この部分をとり上げましても、司法書士試験の難易度が高度であるのかがわかるものです。直に学校で教わる通学講座と自宅で学ぶ通信講座を掛け合わせて受けることが出来る、『本気になったら大原♪』がキャッチコピーの「資格の大原」は、高品質の教材各種と、及び受験指導に精通した一流の教師陣により、税理士合格者全体の50%の人数を世に送る素晴らしい実績を残しております。

 

科目ごとの合格率の割合は、概ね1割位と、全教科ともに難易度レベルが高い税理士試験は、科目合格制度を設けているため、お仕事しながら合格を現実にすることが可能な、資格でございます。

 

一般的に良質な演習問題にて理解を深め十分頭にいれ基礎作りをした後、実用に基く応用問題に転換していく、古典的な勉強法を行うのが、税理士試験のうちの会計科目の簿記論におきましては、効果が高いようでございます。

 

実際特殊な法律関係の内容で、難易度が相当高いですが、とは言っても税理士試験に関しましては、受験者は一回の試験で5教科合格しなくてもいい科目合格制度の起用を実施しているため、各科目毎5年間かけて合格していくスタイルであっても、アリの試験とされています。

 

学習にあてることができる時間が毎日不足なくあるという人でしたら、王道とされる勉強法にて、熊本で交通事故専門行政書士になるためには試験で合格を目論むことも可能ですが、常日頃会社など多忙を極めている人にとりましては、確実な術ではないでしょう。

 

難しい税法の科目「理論暗記」を主として、税理士試験の勉強法のポイント、さらに頭脳を鍛える方法、速聴・速読技術等についてもオール調査!あとは様々な暗記の仕方でありますとか、勉強する際に、便利なツールをこのサイトで情報発信していきます。

 

効率の悪い勉強法を取り入れて、紆余曲折するのは非常にもったいないことです。必ずや効率的な学び方で短い期間で合格を実現させて、熊本で交通事故専門の行政書士になるために資格をとりましょう。

 

一般的に消費税法については、税理士試験の主な科目の中におきましては、そんなには難易度は高めではあらず、最低限知っておくべき簿記の知識をいくらか持つことができていれば、比較的結構厳しいこともなく、合格レベルに到達するといったことが可能となります。

 

実際全科目における平均合格率の値は、およそ10〜12%くらいで、他の難関国家資格よりも、合格率が若干高いように見えてしまいますが、それに関しましては科目別の合格率の数値で、税理士試験自身の合格率ではないですから、ご注意を。

 

税理士試験の受験勉強をする上では、集中力が持たなかったり、モチベーション維持やコンディションを整えることが難儀だったり等とデメリットな部分も見られたわけでありますが、総合的に見て通信講座を選んで、満足できたように思われます。

 

DVD教材や、本を見ての勉強スタイルに、ちょっぴり心配&不安があったりするのですけど、過去に通信講座オンリーで、税理士の資格取得を実現しているという人達も数多く存在しておりますし、よって1人独学で頑張るよりは、いくらかマシなはずと思っているのです。

 

司法書士の試験で合格するためには、適切な勉強法で進めるのが、スゴク大事といえるでしょう。

 

このインターネットサイトでは、司法書士試験の試験日であったりお勧めの教科書のセレクト方法など、受験生を対象に有益となる多様な情報をアップしております。

 

簿記論科目においては、把握しないといけない内容量はたっぷりなものの、100%の割合で計算問題のパターンにて構成がなされているため、税理士の資格を得ようとするためには、割かし独学で挑戦したとしましても、身につけやすい試験教科といえるでしょう。

 

国家資格取得試験の税理士試験の合格率につきましては、10%〜12%と、難易度レベルが高めと知られているにしては、国家資格内でも高い合格率を出しています。けれども、初めてのチャレンジで合格を得るといったことは、ほぼ完全に0%だと言われているようであります。

更新履歴