外見についての後遺障害│熊本の交通事故相談は林行政書士事務所へ、後遺障害等級認定から異議申立てまで対応

外見についての後遺障害

外見についての後遺障害

 

交通事故により、外貌に醜状が残る
要するに、見た目に変化が起こり

 

それが残ってしまった場合にも
後遺障害として認定される場合があります。

 

 

程度については、

 

他人から見て醜いと思わせる程度

 

つまり、人目につく程度異常のもで、瘢痕や線状痕
組織の陥没、色素沈着による黒褐色の変化、色素脱失
による白斑などがあります。

 

 

ここで、一点だけ注意点があるのですが

 

醜状障害について、眉毛や頭髪で隠すことの出来る部分については、
醜状として扱われないということです。

 

 

 

この醜状障害については男性と女性の間で
格差が設けられていて

 

同じ醜状障害だったとしても女性のほうが
高い等級で認定されることになっています。

 

これは、社会生活においては、醜状障害で受ける
精神的苦痛を考えた時、女性のほうが、男性に比べ
より大きいであろうと考えられているからです。

 

 

 

女性の外貌に醜状が残った場合

 

12級が認定され、

 

それが著しい場合には7級

 

となります。

 

 

男性の外貌に醜状が残った場合

 

14級が認定され、

 

それが著しい場合には12級

 

が認定されることになります。

 

 

熊本の交通事故相談を林行政書士事務所に問い合わせる

外見についての後遺障害関連ページ

眼の後遺障害
眼の後遺障害│熊本の交通事故相談は林行政書士事務所へ、後遺障害等級認定から異議申立てまで対応
耳の後遺障害
耳の後遺障害│後遺障害認定各論│熊本の交通事故相談は林行政書士事務所へ、後遺障害等級認定から異議申立てまで対応
口の後遺障害
口の後遺障害│後遺障害認定各論│熊本の交通事故相談は林行政書士事務所へ、後遺障害等級認定から異議申立てまで対応
鼻の後遺障害
鼻の後遺障害│後遺障害認定各論│熊本の交通事故相談は林行政書士事務所へ、後遺障害等級認定から異議申立てまで対応
上肢の後遺障害
上肢の後遺障害│後遺障害認定各論│熊本の交通事故相談は林行政書士事務所へ、後遺障害等級認定から異議申立てまで対応
下肢の後遺障害 その1
下肢の後遺障害 その1│後遺障害認定各論│熊本の交通事故相談は林行政書士事務所へ、後遺障害等級認定から異議申立てまで対応
下肢の後遺障害 その2
下肢の後遺障害 その2│後遺障害認定各論│熊本の交通事故相談は林行政書士事務所へ、後遺障害等級認定から異議申立てまで対応
PTSD(心的外傷後ストレス障害)
PTSD(心的外傷後ストレス障害)│後遺障害認定各論│熊本の交通事故相談は林行政書士事務所へ、後遺障害等級認定から異議申立てまで対応
高次脳機能障害(各論)
高次脳機能障害(各論)│後遺障害認定各論│熊本の交通事故相談は林行政書士事務所へ、後遺障害等級認定から異議申立てまで対応

ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム 報酬額 事務所概要 お問い合わせ