眼の後遺障害│熊本の交通事故相談は林行政書士事務所へ、後遺障害等級認定から異議申立てまで対応

眼の後遺障害

眼の後遺障害

 

眼の後遺障害については、眼球の障害と眼瞼の障害に
大きく分けることが出来ます。

 

まずは、眼球の後遺障害についてですが

 

1.視力障害

 

2.調節機能障害

 

3.運動障害

 

4.視野障害

 

の4つがあります。

 

 

また、眼瞼の障害については

 

1.欠損

 

2.運動障害

 

の2つがあります。

 

 

ここでは、少し勘違いをしやすい視力障害について
説明をしておきます。

 

視力は、万国指揮試視力表で検査するのですが

 

後遺障害等級表において説明されている

 

「視力」とは裸眼視力でなく

 

 

矯正視力のことです。

 

要するに、眼鏡、コンタクトレンズ、眼内レンズ等の
装用で得られている視力を基本的に基準としている
ということです。

 

 

もうひとつ、注意点としては、外傷性頚部症候群を原因とする
視力障害の場合がありえるということです。

 

 

例えば、外傷性頚部症候群と診断され

 

特に、頚部交感神経異常がある場合には、視力の低下があった
としても眼の後遺障害には該当しません。

 

なぜなら、交感神経の異常による眼の症状は一過性のもの
ですので生涯続くものと捉えられていないからです。

 

この場合には、頚部神経症状として14級か12級の話に
なるだけです。

 

 

熊本の交通事故相談を林行政書士事務所に問い合わせる

眼の後遺障害関連ページ

外見についての後遺障害
外見についての後遺障害│熊本の交通事故相談は林行政書士事務所へ、後遺障害等級認定から異議申立てまで対応
耳の後遺障害
耳の後遺障害│後遺障害認定各論│熊本の交通事故相談は林行政書士事務所へ、後遺障害等級認定から異議申立てまで対応
口の後遺障害
口の後遺障害│後遺障害認定各論│熊本の交通事故相談は林行政書士事務所へ、後遺障害等級認定から異議申立てまで対応
鼻の後遺障害
鼻の後遺障害│後遺障害認定各論│熊本の交通事故相談は林行政書士事務所へ、後遺障害等級認定から異議申立てまで対応
上肢の後遺障害
上肢の後遺障害│後遺障害認定各論│熊本の交通事故相談は林行政書士事務所へ、後遺障害等級認定から異議申立てまで対応
下肢の後遺障害 その1
下肢の後遺障害 その1│後遺障害認定各論│熊本の交通事故相談は林行政書士事務所へ、後遺障害等級認定から異議申立てまで対応
下肢の後遺障害 その2
下肢の後遺障害 その2│後遺障害認定各論│熊本の交通事故相談は林行政書士事務所へ、後遺障害等級認定から異議申立てまで対応
PTSD(心的外傷後ストレス障害)
PTSD(心的外傷後ストレス障害)│後遺障害認定各論│熊本の交通事故相談は林行政書士事務所へ、後遺障害等級認定から異議申立てまで対応
高次脳機能障害(各論)
高次脳機能障害(各論)│後遺障害認定各論│熊本の交通事故相談は林行政書士事務所へ、後遺障害等級認定から異議申立てまで対応

ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム 報酬額 事務所概要 お問い合わせ