物損の修理費について

物損の修理費として認められる金額は、適正修理費相当額
物損の修理費として認められる条件は、修理が可能であり、修理を行うことが相当であるとき
以下の場合に該当しなければ、原則として修理費が損害となります。
・ 物理的に修理が不可能である
・ 修理見積額が、車両の時価を超えている
・ 車体の本質的構成部分に重大な損傷が生じている
逆に、これらのいずれかに該当するときには、後述する買替差額が損害として
認められることになります。

 

【おすすめページ】クレジットカード 審査 主婦

物損の買替差額とは

物損の支払い方法として買替差額があります。
物損の買替差額として認められる金額は事故時の車両時価相当額とスクラップ代の差額
物損の買替差額として認められる条件としては、全損、または修理が著しく困難な場合
通常、スクラップ代はゼロと評価されますから、事故時の車両時価が損害と
認められることになります。
逆に廃車費用がかかることも多く、その場合には廃車費用を別途、損害として
請求することになります。
車両の時価は、車両の種類や年式、走行距離などによって異なります。
具体的には、「自動車価格月報」(通称レッドブック、オートガイド社)、
「中古車価格ガイドブック」(通称イエローブック、財団法人日本自動車査定協会)、
「建設車両・特殊車両標準価格表」(全国技術アジャスター協会)などの資料によって、
時価が算定されます。