後遺障害等級の「併合」とは

交通事故によって複数の後遺障害が残存した際には、等級の併合という処理が
行われます。
等級の併合は、以下の原則にしたがって行われます。
@ 13 級以上の後遺障害が二つ以上あるときは、重いほうの等級を1 級繰り上げる
A 8 級以上の後遺障害が二つ以上あるときは、重いほうの等級を2 級繰り上げる
B 5 級以上の後遺障害が二つ以上あるときは、重いほうの等級を3 級繰り上げる
C これらに該当しないときは、重いほうの後遺障害等級がそのまま後遺障害等級となる
D なお14 級の後遺障害は、いくつあっても14 級であり、繰り上げられることはない。
例えば、女子の外貌に著しい醜状を残し(7 級12 号)、かつ局部に頑固な
神経症状を残したとき(12 級13 号)は、@の原則が適用されて7 級が
併合によって6 級となります。
そのため、後遺障害等級認定を行う際には、必ず後遺障害に該当すると思われる
すべての箇所について、後遺障害診断書を作成する必要があります。
なお、頚椎捻挫(14 級9 号)と腰椎捻挫(14 級9 号)が認められたとしても、
Dの原則が適用されて、14 級にしかならないため注意が必要です。