交通事故における自賠責保険の重過失減額とは

そもそも自賠責保険は被害者救済のための保険であり、被害者の過失が7割未満の場合
には、損害賠償ないし保険金額の減額はなく、満額支払われます。
しかしそれ以上の場合は、下表のようになります。
後遺障害・死亡事案被害者の過失
7 割以上8 割未満 2 割減額
8 割以上9 割未満 3 割減額
9 割以上10 割未満 5 割減額
傷害事案
被害者の過失 7 割以上10 割未満 2 割減額
任意保険の場合には、過失相殺をきっちりやってくるため、被害者側の過失が
50%を超えて大きいような場合には、自賠責保険に請求する損害賠償額の
範囲内に、任意保険からもらえる損害賠償金が納まってしまう場合もあり得ます。
このような場合には、まず自賠責保険に被害者請求をした方が得策です。【おすすめページ】会社設立後の自己資金額