主婦の休業損害

主婦の休業損害として認められる金額は賃金センサスの産業計・企業規模計・学歴計の女子労働者
全年齢平均の賃金を基礎として、受傷のため家事を行えなかった期間について認められる
認められる条件は受傷を原因として家事を行えなかったこと
家事を行っていても、その対価として現実的に金銭を受け取っているわけでは
ないため、ともすると、主婦には休業損害が認められないのではないかと誤解
される方もいます。
しかしながら、事故の影響で家事が行えなくなれば、誰かがそのしわ寄せを受ける
ことになります。
場合によっては、家政婦を頼むことも考えられます。
このように、主婦業も金銭的に評価され得るのです。
その際の算定基準としては、賃金センサスの項目における女子労働者の平均値を
基準としています。
意外に思われますが、家事労働者が休業した場合は、
その休業損害の賠償責任を認めるのが「最高裁判所」の立場です。
家事労働者とは、「性別、年令を問わず、現に主婦的労働に従事する者」を
いいます。

つまり、現実に主として家事労働に従事する者であれば、女子のみならず、
男子も家事労働者に含まれます。
現在の実務の扱いでは、賃金センサスの女子平均賃金をもって損害額を算定
します。【おすすめページ】農事組合法人設立の流れ